こどものおいしゃさん日記

何だってこんなことになってしまったのだろう

NICUが閑散としている

昼間からブログの更新なんてしていて、まあそれは今日の午後は週休だからってこともあるけど、読者諸賢にはご賢察の通り、たいへんに暇である。

入院が長期になる極低出生体重児が入院しない。切迫早産で母体搬送で来られる方々もことごとく産科管理が奏功して危機を切り抜けてゆかれる。ときに正期産児の新生児搬送依頼もあるが、正期産児はそれほど入院が長くならない。さっさと元気になって退院してゆく。

それは大変にめでたいことなんだろうと思う。反語や皮肉抜きで。もとよりトラブルシューティングを生業としているものにとって、トラブルが未然に防がれているのは理想的状態だし、それで自分らの仕事が無くなっていったとしても、それはそれとして淡々と受け止める話なんだろうと思う。

京都のNICUの空床状況を見ても、どの施設もいつになく多くの空床数を提示している。どこも閑散としているのだろうと思う。むろんどこもかしこも空床0のときに自分のところだけ空床1と提示するのと、どこもかしこも空床1とか2とかのときに自分のところも空床1というのとでは、必要とする度胸の程度が違うだろうとは思うけれど。私らの施設が空床3でコメント欄に「超未熟児歓迎」云々と入れているのだから、他の施設にはそうそう手に余る赤ちゃんをお願いすることはないはずだし。

少子化は進んでいるがそう簡単にNICUが余るわけがなし、とは思うのだけれど、あるいは奈良や滋賀でもNICUの整備が進んで京都へ越境してくる搬送が少なくなっているのかもしれず、あるいは妊婦健診の公費負担の回数が増えたためかもしれず、なにさま現在のところは新生児以外の一般小児科の仕事をしながら、忙しいときには読めない文献など読みながら、状況の推移を見守っている。

もちろんみんな元気にトラブルなく分娩にいたり、NICUなんぞとは縁無く育ってゆかれるのが最善ではあるのだ。私らが他に職を探さなければならなくなっても、世の中全体としては良いことなんだと思う。